2010年04月29日

被害女性腕時計が質店に=切断遺棄事件、男が換金−福岡県警(時事通信)

 福岡市の博多湾で会社員諸賀礼子さん(32)の切断遺体が相次いで見つかった事件で、諸賀さんの腕時計が、事件後に質店で換金されていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警博多署捜査本部は、時計を持ち込んだ男から入手の経緯など事情を聴く方針。
 捜査関係者によると、諸賀さんの腕時計はギリシャのブランド品で文字盤が透けて見えるタイプ。諸賀さんが行方不明になった後、男が県内の質店で換金した。
 県警は質店から腕時計の任意提出を受け、諸賀さんのものと特定した。 

【関連ニュース】
行方不明の夫に逮捕状=市営住宅の母子殺害事件
「悲しみ癒えず」「事件解決を」=島根女子大生遺棄、半年で両親
頭部も女性会社員=DNA型が一致
一部が殺害ほのめかす=一家3人遺体事件
新たに頭部発見=胴体は女性会社員と確認

沖縄知事「県内反対」の県民大会に出席表明(読売新聞)
「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告−宮城(時事通信)
東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作−奈良(時事通信)
<火災>「羽柴秀吉」さん経営のホテル 青森・五所川原(毎日新聞)
山崎さんの宇宙カボチャ全国へ 名誉市民にも 松戸市(産経新聞)
posted by えっく at 20:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

万引き見過ごすな…被害の全通報、警察庁が通達(読売新聞)

 犯罪の起こりにくい社会を作るため、警察庁は21日、規範意識の低下を助長するとされる万引きについて、店側が被害に遭った場合、すべての被害を警察に通報してもらい、警察側も厳しく取り締まるよう求める通達を全国の警察本部に出した。店側の手間が煩雑にならないよう手続きを簡素化し、業界団体へも積極的に働きかける。

 公共スペースの落書きなども「社会秩序を乱す行為」と位置付けて摘発も検討するよう求めており、軽微な犯罪に厳しい姿勢で臨むことで、社会の規律維持を図りたいとしている。

 警察庁によると、全国の刑法犯の認知件数はピークだった2002年の約285万件から7年連続で減少し、昨年は約170万件にとどまった。

 しかし、書店やドラッグストア、コンビニ店などでの万引きは近年、未成年から高齢者まで幅広い層に広がっており、昨年1年間に全国の警察に届け出があった万引き被害は前年より4463件多い14万9892件を記録。摘発者数も3724人多い10万5228人で、このうち未成年(14歳〜19歳)は2万9153人だったのに対し、65歳以上の高齢者も2万7019人を占めた。

 一昨年の統計でも、警察が摘発した65歳以上による犯罪4万8805件のうち55・4%が万引きだった。

 この背景には「たかが万引き」と安易に考える風潮があるとみられ、同庁の安藤隆春長官は21日に都内で開いた関係課長会議で、この風潮を放置すれば治安が再び悪化しかねないとして、「治安改善への取り組みは道半ば。地域一丸で犯罪が起きにくい環境を整備してほしい」と訓示した。

 今回の通達では、万引きを軽々しく見過ごさず厳しく取り締まることで、社会の規範意識の向上を図るべきだと指摘。手続きが煩雑で、店側が警察に届け出るのをためらうケースが多いことから、被害調書の記載を簡素化するなどして、被害店舗に万引きをすべて届けてもらえるよう業界団体との協力関係の構築を求めている。

 このほか公共スペースでの落書きやゴミのポイ捨ても警告や指導を積極的に行い、悪質な場合は、器物損壊容疑などでの摘発も検討するべきだとした。

平城京にスイス女性「今ではすっかり奈良の人」(産経新聞)
最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)
<器物損壊容疑>また教会に消火器 関西で50件以上発生(毎日新聞)
警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
停車中の都営バスに追突、乗用車の男性が重体(読売新聞)
posted by えっく at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)

 文部科学省は17日、教職員や保護者らの声を集めるため、だれでも意見を書き込み、議論が行われるホームページ(HP)を設けた。

 同省は「中央省庁では初の試み。どんどん意見を出してもらって、政策作りに役立てたい」としている。

 教育政策はこれまで、中央教育審議会(中教審)の答申に基づいて決められてきた。中教審委員は、大学教授や学校長ら専門家が中心だが、「現場や保護者らの声を集めきれていない」との指摘が出ていた。

 事前に氏名や住所などを登録しておけば、年齢や国籍を問わず参加が可能となる。掲示板の形式を取り、参加者はHP上で、教員、保護者などの立場だけを明らかにして、意見を書き込む。同省の職員らが進行役として議論を整理するという。HP上だけではなく、同省は今後、一般の人と対面で議論する場も設ける予定で、「将来的には中教審との政策作りの両輪にしたい」としている。

 初回のテーマは、「教員の資質向上」。集約された意見は6月をメドに取りまとめ、法律や制度作りに反映させるという。 HPは「熟議カケアイ」と名付けられた。

<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
<JR脱線事故>9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート(毎日新聞)
村木被告「役所の仕組みを知らない検事が作り上げたもの」 郵便不正公判(産経新聞)
posted by えっく at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。