2010年01月22日

釈放の3人は不起訴 茨城・牛久の強盗致死事件(産経新聞)

 茨城県牛久市で平成7年1月、飲食店兼ホテル経営、松田行雄さん=当時(68)=が自宅で両手を縛られて死亡した事件で、水戸地検は15日、強盗致死の疑いで、昨年12月に逮捕された後、処分保留で釈放された千葉県在住の70代男性3人について、嫌疑不十分として不起訴処分とした。同地検の山下輝年次席検事は「客観的証拠に基づいて判断した結果、有罪となる確信は得られず、公判維持は困難と判断した」と話した。

 事件は7年1月17日午後6時半ごろ発生。松田さんが牛久市南の自宅で、両手を縛られ、うつぶせで倒れているのを妻(74)が発見。松田さんは病院に運ばれたが、翌18日に死亡。自宅からは腕時計(約30万円相当)がなくなっていた。

 県警は70人態勢で捜査に当たったが長期化。だが、昨年、捜査関係者に匿名の投書が複数寄せられ、県警は公訴時効まで43日と迫った12月5日、強盗致死容疑で3人を逮捕した。3人は容疑を否認し、同月25日に処分保留で釈放された。

 県警は「時効までに事件の全容を解明できなかったのは無念。被害者のご冥福を心からお祈りします」としている。

 松田さんの長男の衛さん(47)は「時効で見逃してしまうところに不満がある。真相を明らかにするためには時効の壁がある。被害者や遺族を助けられないのはおかしい。時効を撤廃してほしい」と、悔しさをにじませた。

【関連記事】
「捜査続けてもらえる」望みつなぐ遺族 茨城・牛久の強盗致死
茨城・牛久の強盗致死事件、容疑の3人を不起訴
強盗致死の被告が控訴「予想より刑重い」
時効直前の強盗事件で男ら3人逮捕 茨城
強盗致死容疑で立件へ 板橋の男性拉致事件

宮城刑務所で129人が吐き気 ノロウイルスに集団感染か(産経新聞)
<人事>外務省(毎日新聞)
小沢氏、土地購入問題「個別のことを申し上げることは差し控える」(産経新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り−日航更生法申請(時事通信)
沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財−審議会答申(時事通信)
posted by えっく at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。